人間関係を確実に改善するコミュニケーションの鉄則

人間関係は様々な社会の中で欠かせないものであり、上手に対処していきたい問題の一つですよね。

良い人間関係を築くのが上手な人もいれば、何故かいつも失敗してしまう…という人もいることでしょう。
どちらにしても人間関係の良し悪しはコミュニケーションの方法に大きく左右されるもの。

上手に人間関係を保っていく人は知らないうちに人と良いコミュニケーションを取っている人と言えるかもしれません。
逆に人間関係が苦手だという人はただ単に人とコミュニケーションを取るのが苦手ということなのかもしれませんね。
では気持ちの良いコミュニケーションを取るだけでなく、周りの人との人間関係も良くなるコミュニケーションの鉄則があるのなら是非知りたいところ!

そこで今回は人間関係を確実に改善するコミュニケーションの鉄則をお伝えします。

自分からきちんとした挨拶をするようにしましょう。

人間関係を築くために大切なことは、やはり挨拶です。

大切なことという以前に、挨拶がまともにできない状態で、円滑な人付き合いがスタートできるでしょうか。
挨拶をすることは人とのコミュニケーションの基本です。挨拶をされた場合にきちんと応えることはもちろんですが、できれば自分から声を掛けられるとなお良いですね。
自分から声を掛けることで、人間関係も築きやすくなりますし、相手の反応から心理状態や体調、自分に対する感情などを推測することもできます。

頻繁に顔を合せたり、何か一緒に取り組んだりする相手には、特に挨拶を忘れないようにしましょう。

コミュニケーションを取るための良い動機を持つようにしよう

良いコミュニケーションを取ることと良好な人間関係を保つことには深い関係があります。

コミュニケーションを全く取らないまたは取るにしても十分ではなく不足しているなら、その人との人間関係は希薄なものとなるかもしれませんよね。
そこでコミュニケーションを取ることに対して苦手意識があるという人も、コミュニケーションを取る目的は良好な人間関係を保つためであるという動機を忘れないようにしましょう。
人のみに与えられた言語を話す能力は時に人を傷つけたり、喧嘩をしたり…人間関係に悪影響を及ぼす仕方で使われることもあり、多くの人は普段の会話において話す目的、コミュニケーションを取ることの動機までを考えることはないかもしれません。
ですが、人との良好な関係を保つため!というはっきりとした良い動機を持つなら自然と会話の内容にしても話し方にしても人間関係を改善できるようなものへと変わっていきますよ!

発言する前に一旦立ち止まって考えよう

一度発してしまった言葉が再度、自分の口に戻ることはありません。あんなこと言わなければ良かった…、何であんなことを言ってしまったんだろう…と後悔したことは誰にでもあるもの。
特にストレスを抱えている時やカッとなってしまった時、自分の言葉や感情をコントロールするのは本当に難しいですよね。
でもそんな時こそ一旦立ち止まって大きく深呼吸しながらこう考えてみましょう。「この発言は相手をただ傷つけるだけだろうか。

それとも問題解決に繋がるだろうか」「この発言で自分の評判は上がるだろうか。
それとも下がるだろうか」このように自分が発言する前に一度立ち止まって発言の必要性を考えるなら不必要に相手の気分を害したり、自分の評判を損なったりするような事態を大きく避けることが出来るでしょう。

自分の発言を上手にコントロールする事、これも良い人間関係を築くための鉄則ですよ。

相手の気持ちになって考えてみよう

誰でも自分の話をじっくり聞いて欲しいと思いますよね。

でも自分の話に夢中になるあまり周りが見えなくなってしまうと相手と自分の間に大きな温度差が生じてしまいます。
それを繰り返していくうちに次第に人はあなたから離れてしまうかもしれません…。

そうならないために相手の気持ちになって話す事を習慣にしましょう。自分の事ばかり話してないだろうか。
いつも人の噂話や批判など消極的な事ばかりを話題にしていないだろうか。この話を聞かされる相手はどう感じているだろうか…などとよく考えるなら相手と自分の間に大きな温度差が生じるのを避ける事が出来ます。
相手の気持ちを敏感に察する事のできる人、つまり「空気を読める人」になることで良い人間関係を築けるようになりますよ。

人の話をよく聞こう

ほんの数回しか会っていないのに自分の事をよく覚えてくれている人に出逢うと嬉しく思います。

と同時になぜこの人はこんなに自分の事を知っているんだろうと感じますよね。

でもその答えは簡単。その人はあなたの話によく耳を傾けていたのです。

何度も同じ質問をしてきたり、自分の名前さえなかなか覚えてくれない人を信頼するのは難しいこと。

良い人間関係を築いて信頼を得たいなら相手の話によく耳を傾けるようにしましょう。そして言葉の背後にあるその人の感情や求めている事を敏感に察する事が出来るなら相手はあなたを信頼してくれるようになります。

またどのように聞くかにも注意を払いたいところ。話の内容はしっかり把握したとしても携帯を見ながら、よそ見をしながら話を聞くなら良い印象を持たせる事は出来ません。

相手と向き合うときは「あなたとの時間を大切にしている」と感じてもらえるように誠実な態度で聞くように心がけましょう。

感謝や謝罪の言葉を言えるようになろう

些細な事でも感謝してくれるとやはり嬉しく感じますよね。感謝されるためにしたわけでないにしても心のどこかで「ありがとう」を望んでしまうもの。

ではあなたはその「ありがとう」を出し惜しみせず相手に伝えているでしょうか。
親しい仲間にも積極的に感謝の言葉を伝えるならあなたと接する人は自然とあなたに惹かれ、あなたと時間を過ごす事を心地よく感じることでしょう。
そして自分が間違っている事に気付いたなら謙遜に謝る事も忘れたくありません。

「ごめんなさい」と言える勇気を持つなら問題を大きくする事なくその場を丸く収める事ができますね。
さらに謝るなら自分の考えよりもその人との関係を大切にしている事を示す事もできます。

ただ、人間関係を良好に保つには、そういう場合に「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えることが大切です。

お礼を言うべき時にはその感謝の気持ちをはっきりと言葉にしましょう。
もちろん、謝罪をすべき状況では誠心誠意、心からお詫びの気持ちを伝えなければなりません。

ただ、相手の思いやりや親切心に対しては、申し訳ないという後ろ向きな気持ちよりも、素直に感謝を伝えましょう。

素直に感謝や謝罪の言葉を述べる円滑なコミュニケーションを心がけて良い人間関係を作っていきましょう。

自分の価値観だけで判断しないようにしましょう。

色々な相手と人間関係を築く上で、どうしても考え方や価値観が合わない相手に接する機会もあると思います。

そのような相手となるべく衝突しないように人間関係を築くには、冒頭で100人いれば100通りの考えがあると述べた通り、人間個々の多様性を認めることが大切です。

人間には、様々な長所・短所があるということを自覚し、気持ち的に余裕を持って人付き合いをしましょう。

自分の価値観や尺度だけで相手を判断することは、良好な人間関係を築く上で妨げになってしまいます。

もちろん、客観的に考えて明らかに問題がある場合には指摘や忠告はするべきですが、その際も個人的な判断で行っているのではないということは、ハッキリさせておきましょう。

一貫性を持った発言や行動を心掛けましょう。

これまでお伝えしてきた人良好な間関係を築くための要点には、実践する上で共通したポイントがあります。

それは自分の言動に一貫性を持たせるということ、つまり、人を見て態度を変えないという事です。

部下にはやたらと厳しいのに上司に対してはやたらと腰が低い…そんな人は、周囲から決して良い印象は持たれませんよね。

処世術の1つだと考える人はいるかもしれませんが、周囲との人間関係を良好に保つことを考えれば、このような態度はマイナスになってしまいます。

「好き嫌い」など感情やその時の気分に左右されることなく、一貫して理性的に振る舞うことを心掛けてください。

いかがでしたか。
コミュニケーションのコツをつかむだけで苦手な人間関係も改善されるとしたらその鉄則を当てはめていきたいですよね。
それによってギクシャクした人間関係やイマイチ心が通わない…という人間関係が改善していくとしたらとても嬉しいことです。
その鉄則の中心にあるのは自分のことではなく相手のことを優先して考えること。

コミュニケーションを取るのは人間関係を良くするためという良い動機を持つことや、発言する前に相手の気持ちを考えてみたり、人の話をよく聞くこと…
これだけ相手の気持ちを思いやる仕方でコミュニケーションを取れるようになるとあなたの相手に対する温かい気持ちが伝わること間違いなし!
感謝や謝罪の言葉に加えて、尊敬している点や素晴らしいなと思っている点、また家族や友人、恋人に対しては好きなところなどを時々伝えることもオススメ。

それでは早速コミュニケーションの鉄則を自分に当てはめて人間関係の改善を図っていきましょう。

 

 

 

Follow me!

Web集客動画講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です