リーダーシップを発揮するために! 組織マネジメントの基礎を紹介

仕事で組織を持っている場合やスポーツチームの監督などを行う場合、リーダーシップの能力が必要となります。

組織の規模に関わらず、目標に向かってメンバーを導いていくスキルが、リーダーには求められるわけです。
ただ、リーダーシップという言葉は、非常に曖昧で定義が難しいですよね。

部下たちも人間ですから、無理やり行動させようとしても思うように動いてくれません。自発的に行動してもらうためには、明確なビジョンと戦略が必要となります。

色々な人と接していると、深みがあって魅力的な人に出会うことがありますよね。そういう人はオーラがありますし、少し話しただけでも信頼できる人物だと分かります。

なので、リーダーシップを取るのであれば、最適な人材だといえます。
ここでは、リーダーとして組織を引っ張る方法をお伝えします。

リーダーに求められる要素

問題の解決能力

リーダーとしての重要な仕事に、組織に起こった問題を解決するということがあります。壁にぶち当たってメンバーが混乱している状況で、率先して問題に立ち向かって組織をまとめないといけません。

時には、無理やりにチームをまとめて、一つの方向へ引っ張ることも必要かもしれません。部下にすべてを任せるのではなくて、自分から先頭に立って問題を解決する能力が必要となるわけです。なので、自分の犠牲を顧みない行動力が重要ですね。

 

目標への責任を持つ

リーダーとしては、誰よりも目標達成に責任を持っていないといけません。目標の達成へ向けて、部下の能力を見抜いて適切な仕事を割り振ることが大切です。

偉そうに指示を出すだけではなくて、達成までのプロセス状況を随時確認する必要があります。

達成できなかった部下に対して厳しく叱りつける上司がいますが、それは適切に指導できなかった自分にも責任があると思わなくてはいけません。

目標はチーム全体で達成するものですし、最終的な責任はリーダーが負うものです。なので、これを理解しておきましょう。

 

チーム全体を注意深く観察する

組織で目標を達成するためには、人が動かなくてはいけません。メンバーそれぞれの個性を生かして、協力し合って目標達成のために行動するわけですね。

そのためには、メンバーの能力を正しく見極めて、適切な部門に配置する必要があります。

そのためには、常に全体を把握することが大切です。部下の努力をちゃんと確認して、評価してあげないといけません。正しく褒めて正しく叱るということが、何よりも大切なんですね。

ちゃんと見ていることが部下に伝われば、高いモチベーションのまま行動してもらうことができます。

リーダーとして部下をまとめるには?

目標へ向かって組織を引っ張るためには、正しいプロセスを知る必要があります。

目標への道筋を明確にしなければ、メンバーは迷ってしまいます。以下のように考えれば、明確な道を示すことができるでしょう。

 

何のための目標なのか?

まず最初に、目標を達成する意義を明確に伝えます。それを達成することで、どれだけのメリットがあるのかということですね。企業としても、ビジョンにも繋がるものがあります。だから、「お客様に感動を与えたい」とか「業界に革命を起こしたい」といった大きなミッションを設定しましょう。

ここでメンバーからの共感が得られれば、組織の結束が高くなります。ミッションは、大きくて社会的な意義があるものが望ましいです。ですから、やりがいがってモチベーションが高くなるような、大きな目標を掲げるようにしてください。

 

具体的に何を目指すのか?

先ほどのミッションを、もっと具体的な方向へと向けます。具体的な数字で表した目標にするのが望ましいですね。

たとえば、「今よりも売り上げを5倍にする」や「顧客数○○万件」といったことです。

明確な数字で表すことで、リアルな目標として実感が湧くようになります。大きすぎず小さすぎずの目標を設定するのがコツですね。

あまりに大きな数字だと、達成をイメージできません。また、小さい目標だと簡単すぎてモチベーションが上がらないことがありますね。

なので、丁度良いバランスを見極めるようにしましょう。

 

どんな手段を使うのか?

ここでは、中期的な目標を設定します。上で設定した具体的な目標から、さらに細かく細分化したものですね。1~2年先の目標を設定するのが望ましいでしょう。なので、「年内に売上2倍」とか「半年後に顧客数○○件獲得」といったことです。

ここでも、大きすぎず小さすぎない目標が重要ですね。達成できるかギリギリのラインを見極めて、中期目標として設定してください。この目標を設定すれば、具体的にどんな行動が必要なのかが見えてくるはずです。

 

どのような手順で進むのか?

最後に、デイリーで行うべき行動を定めます。中期的な目標を達成するために、毎日どういった営業活動をするかということですね。

たとえば、「テレアポを毎日100件する」とか、「新規営業を3倍にする」などです。

最終的なミッションを設定して、そこから逆算して一日の行動まで定めていきます。これをメンバーに認識させることで、目標に向かって迷わずに進んでいくことができるわけです。

組織内で共有することが、何よりも大切ですね。

リーダーとして人間力を高めるための5つのポイント

志を持って生きる

志とは、「自分は何を目指して生きるのか」ということです。自分の目指すべき理想像ということですね。

これを明確にして生きることで、方向性が明確になります。なので、そのプロセスの中で、色々な学びを得ることができます。

しかし、志が無いままで生きていると、道が定まらないためにブレてしまいます。それだと、効果的に学ぶことができませんから、人間力を高めるのは難しいと言えるでしょう。

だから、何のためにやっているのかということを明確にして、自分の行動を方向付けるようにしてください。

そうすれば、自分自身が成長していくことができるはずです。

 

本を読む習慣をつける

定期的に本を読む習慣があると、色々な考え方に触れることができます。今までの自分が思いもしなかった視点から、物事を見つめられるようになるわけです。

だから、多角的なモノの見方ができるようになるといえます。

すると、色々な人に共感をすることができるので、信頼関係を構築しやすくなります。

自分の世界観を広げるのにも有効ですから、人としての魅力が深まります。また、人の良い所を多く見つけられるようにもなるので、人付き合いが楽しくなるはずです。

 

家族を大切にする

人間力を高めるためには、自分の家族を大切にすることが重要です。そもそも、家族と関係性が築けていないのに、他人と仲良くなることは難しいですよね。

だから、家族とちゃんとしたコミュニケーションを取るようにしてください。

また、家族の支えがあると、人は強くなれます。なので、仕事のトラブルで行き詰ったとしても、何とか乗り越えていくことができるでしょう。

ですから、家族を大切にしている人ほど、仕事ができますし、周りの人間とも上手くやっていけるはずです。

 

友達を選ぶ

人は、周りから受ける影響が大きいです。「類は友を呼ぶ」と言いますが、低レベルな人間と付き合っていると、自分も低レベルとなります。逆に、意識の高い人間と付き合うことで、自分の意識も高くなっていきます。

だから、自分を高めてくれそうな人を探し出し、そういった人と接するようにしてください。それが、人間力を高めていく近道だと思います。自分よりもハイレベルな人と接すると、劣等感を感じるかもしれません。

しかし、それが自分を成長させるわけですから、頑張って付いていくようにしましょう。

 

色々な経験をする

自分の体験を自分の言葉で話す人は、人間として深みがあると思われます。やはり、人生経験が多ければ、それだけ価値がありますからね。なので、自分の体験をリアルに伝えられるように、言葉を磨くようにしましょう。

そうすることで、説得力が高くなりますし、信頼関係を築きやすいです。自分の知識と経験を組み合わせて、リアルな言葉で伝えるようにしてください。

たとえ、挫折を経験したとしても、そこで試行錯誤した経験があれば将来の役に立ちます。

ですから、自分の経験を生かせる努力をしましょう。

人間力を高めるためのコツを紹介しました。人間力は、一朝一夕で身に付けられるものではありませんから、長い年月をかけて培っていくものだといえます。

毎日の習慣が大切ですから、常に意識をしておくようにしてください。

メンバーとビジョンを共有することができれば、きっと目標を達成することができるでしょう。リーダーにおいて重要な素質だといえるので、日頃から心得るようにしてください。

Follow me!

Web集客動画講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です